コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルシス Persis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルシス
Persis

イランの南西地方の古代名。古代ペルシア語パルサ Parsaのギリシア語形。現ファルス。前7世紀にここに定着したパルサ (ペルシア) 族に由来する。彼らはウルミア湖の南のパルスアシュ地方から移住。アケメネス朝発生の地としてペルシスの住民はペルシア帝国の支配者と考えられ,税を免除され,キュロス2世パサルガダエダレイオス1世ペルセポリスなどの王都がペルシスに築かれた。アレクサンドロス3世 (大王) に敗れたのちはセレウコス朝の支配に服した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のペルシスの言及

【ペルシア帝国】より

…彼らは当時ウルミエ(レザーイエ)湖南西部にいたが,その後ザーグロス山脈を南下し,前7世紀前半にエラムのアンシャン地方に入って定住した。この地はやがて彼らの名にちなんでパールサPārsa(ギリシア語ペルシスPersis,ラテン語ペルシアPersia)と呼ばれた。現在のファールスFārs州である。…

※「ペルシス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペルシスの関連キーワードポリュグノトスヒスタスペスファールスダレイオスイラン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android