パンゲラン・アディ・ラング[2世](読み)ぱんげらんあでぃらんぐ

世界大百科事典内のパンゲラン・アディ・ラング[2世]の言及

【ジャワ年代記】より

…初版の成立年代はマタラム朝のスルタン・アグンの治世の晩年,すなわち1641‐46年ごろと考えられ,そのあとも多くの作者が既存の部分を改めたり,新しい章を付け加えたりし,現在の形になったのは1757年以後とされる。作者名として,18世紀初頭のパンゲラン・アディ・ラング2世,同中葉のチャリク・バイラが知られるが,不明の点が多い。内容も,史実を記述するよりは,マタラムの王統がマジャパイトの直系であり,ジャワの支配に関して正統性をもつこと,などの証明に主眼が置かれているので,利用する場合は注意を要する。…

※「パンゲラン・アディ・ラング[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android