パンチャレボ(読み)ぱんちゃれぼ

世界大百科事典内のパンチャレボの言及

【ソフィア】より

…ビトシャの山は首都ソフィアの象徴で,山頂は標高2377m,山地全体が国立公園に指定され,ケーブルカーも通じ,山腹には保養所,ホテル,レストランなどが散在している。市の南東部にある人造湖パンチャレボの周辺も大規模なレクリエーション・センターとなっている。バス,市電は午前1時まで運転され,戦後一度も料金値上げがない。…

※「パンチャレボ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android