パークス,G.,Jr.(読み)ぱーくす

世界大百科事典内のパークス,G.,Jr.の言及

【ブラック・シネマ】より

…映画が多様化する傾向のなかで,ハリウッドは黒人による黒人のための映画を製作しはじめる。ハリウッドの初めての黒人監督として《知恵の木》(1970)でデビューしたゴードン・パークスGordon Parks(1925‐ )が,ハーレムを舞台に活躍する黒人の私立探偵を描いた《黒いジャガー》シリーズ(1971‐72),ゴードン・パークス・ジュニア(1948‐ )監督の《スーパー・フライ》(1972)などの成功によって,〈ブラックスプロイテーションblaxploitation〉とよばれる黒人向けの映画の製作と興行は発展し,70年代のアメリカ映画の一つの特色とすらなった。しかしそれがハリウッド映画である限り,黒人の魂をもたない〈ミュラトウ(混血黒人)の映画〉にすぎないことを黒人作家ジェームズ・ボールドウィンはその自伝的映画論《悪魔が映画をつくった》(1976)のなかで分析している。…

※「パークス,G.,Jr.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android