コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーティクル ぱあていくる

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

パーティクル

3Dグラフィックのモデリング技法のひとつ。自然界に存在する複雑で不規則な形状をしている火、煙、雲、霧、草、髪などを表現するために考案された。このようなポリゴン曲面だけでは表現し切れない形状を、微小な粒子集まりとして記述し、それが動き回る様を確率モデルとして処理する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

パーティクル【particle】

微量。少量。小片。微細。極小。
素粒子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

パーティクルの関連キーワードSTRATA STUDIOProナノパーティクルメディアエンジニアード・ウッドExtream 3DパーティクルボードXARON PRO遺伝子組換え食品ファイバーボードフローリング遺伝子導入大昭和製紙木質ボード木材工業改良木材セイホクイワクラ木製品チップ素粒子削片板

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android