粒子(読み)りゅうし

精選版 日本国語大辞典「粒子」の解説

りゅう‐し リフ‥【粒子】

〘名〙
物質を構成している微細な(つぶ)。特に、素粒子原子分子コロイドなど。〔稿本化学語彙(1900)〕
② 写真などの画面を構成する、白黒、あるいは、カラーの、小さな点。
※雪の風葬(1969)〈高井有一〉八「関西旅行の映画を見せられた。粒子の粗い画面に〈〉数人の若者が歩いてゐた」
③ 比喩的に、ある性格を持った小さな現象

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「粒子」の解説

りゅう‐し〔リフ‐〕【粒子】

物質を構成している微細なつぶ。素粒子原子分子など。
ある物質の一部としての細かい粒。「砂の粒子
写真などの画面の精密さ。「粒子が粗い」
[類語](1分子原子原子核原子団アトムイオン素粒子電子陰電子陽電子陽子中間子中性子光子エレクトロンプロトンニュートロンニュートリノ/(2粉末パウダー微粒子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android