粒子(読み)りゅうし

精選版 日本国語大辞典「粒子」の解説

りゅう‐し リフ‥【粒子】

〘名〙
① 物質を構成している微細な粒(つぶ)。特に、素粒子・原子・分子・コロイドなど。〔稿本化学語彙(1900)〕
② 写真などの画面を構成する、白黒、あるいは、カラーの、小さな点。
※雪の涯の風葬(1969)〈高井有一〉八「関西旅行の映画を見せられた。粒子の粗い画面に〈略〉数人の若者が歩いてゐた」
③ 比喩的に、ある性格を持った小さな現象。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「粒子」の解説

りゅう‐し〔リフ‐〕【粒子】

物質を構成している微細なつぶ。素粒子原子分子など。
ある物質の一部としての細かい粒。「砂の粒子
写真などの画面の精密さ。「粒子が粗い」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android