ヒオウギインコ(読み)ひおうぎいんこ

世界大百科事典内のヒオウギインコの言及

【インコ(鸚哥)】より

…カクビインコ類は短い角尾をもった中・大型のインコで,アフリカと中・南米に約60種が分布している。多くの種が飼鳥として知られていて,ものまねのじょうずなヨウム(イラスト)やボウシインコ類,赤くて幅広い青色の縁をもつ扇状の冠羽があるヒオウギインコなどが含まれる。クサビオインコ類は長いくさび形をした尾をもち,約80種が中・南米に分布している。…

※「ヒオウギインコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android