ヒサゴナガカメムシ(読み)ひさごながかめむし

世界大百科事典内のヒサゴナガカメムシの言及

【ナガカメムシ(長亀虫)】より

…カンショコバネナガカメムシCavelerius saccharivorusは九州,琉球,台湾に分布し,扁平で細長く翅の短い種類でサトウキビ害虫として知られ,ヒョウタンナガカメムシ類Eucosmetusは胸部がヒョウタン形でアリ類に酷似し,イネ科雑草の種子などを吸食する。オオメナガカメムシPiocoris variusやヒサゴナガカメムシNeomizaldus lewisiは食虫の習性もある。また複眼が突出した小型のメダカナガカメムシChauliops fallaxはダイズ,アズキの葉裏につき多少害がある。…

※「ヒサゴナガカメムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android