ヒシギ(読み)ひしぎ

世界大百科事典内のヒシギの言及

【能管】より

… 能管は息の強さと歌口面の傾け方によって,低音と第2倍音列の中音の2種が出る。ヒシギという能管特有の音はそれより高い。筒音(指孔を全部閉じて出る音)は2点ニ音の周辺。…

【笛】より

…歌口の構造は最初に述べたように3種類に大別され,そのどれであるかによって奏法や演奏効果が異なり,楽器自体の性格にも影響している。歌口に至る気道を設けていない笛では奏者自身が唇で息を吹き出す狭い隙間と吹き出す方向とを決めなければならないので,音を出すこと自体にくふうが要求される反面,吹き方によって音色や音高にさまざまな変化を与えることができ,種々の効果(たとえば尺八のメリ,カリ,能管のヒシギ,ユリ)が得られる。気道が設けられている笛は風圧以外の要素は気道の形と方向で規制されてしまうため,音を出すこと自体は容易でも,表現の幅が限られる。…

※「ヒシギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android