ヒシモンヨコバイ(読み)ひしもんよこばい

世界大百科事典内のヒシモンヨコバイの言及

【ヨコバイ(横這)】より

… 植物の汁を吸収して直接的な被害を与えるほかに,植物の病原菌であるウイルスやマイコプラズマを媒介する種類があり,よりいっそう被害を大きくする。水田に多いツマグロヨコバイ(イラスト)はイネの萎縮病と黄萎病を,ヒシモンヨコバイとヒシモンモドキはクワの萎縮病を,ヒメフタテンヨコバイはミツバのてんぐ巣病を,それぞれ媒介する。まれにヨコバイ類が人体の皮膚に口針を刺して,吸血することがある。…

※「ヒシモンヨコバイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android