ヒステリシス損(読み)ひすてりしすそん

世界大百科事典内のヒステリシス損の言及

【ヒステリシス】より

…ヒステリシス環線の囲む面積は,磁化を一周変化させる間に磁場のする仕事を表し,これは強磁性体の単位体積当りに発生する熱量に等しい。これをヒステリシス損という。強磁性体を変圧器や電動機,発電機などの鉄心として用いる場合には,このようなヒステリシス損は電力の浪費となるので望ましくなく,なるべく保磁力を小さくしてヒステリシス損を小さくしたほうがよい。…

※「ヒステリシス損」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android