ヒッパリオン動物群(読み)ひっぱりおんどうぶつぐん

世界大百科事典内のヒッパリオン動物群の言及

【ヒッパリオン】より

…更新世初期に優勢となったエクウスによって生態的地位を奪われた。今日のアフリカのサバンナにおけるシマウマに相当したとされ,500万年から1000万年前には,このようなゾウ,キリン,サイにヒッパリオンをともなうヒッパリオン動物群が,地中海周辺,中央アジア,中国の哺乳動物相を特徴づけていた。これらは乾燥した草原環境を示す。…

※「ヒッパリオン動物群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android