ビオラ・ディ・ボルドーネ(読み)びおらでぃぼるどーね

世界大百科事典内のビオラ・ディ・ボルドーネの言及

【バリトン】より

…器楽の用語としては,同族楽器中,バス楽器よりもひとサイズ小さな楽器,つまりバス楽器の次に低い音域をもつ楽器,例えばバリトン・オーボエ,バリトン・サクソフォーンなどを指す。 なおビオラ・ダ・ガンバに似た低音の弦楽器バリトンbarytonがあり,ビオラ・ディ・ボルドーネviola di bordone(イタリア語)などとも呼ばれる。この楽器を愛好したエステルハージ侯のために,J.ハイドンが多数の作品を残している。…

※「ビオラ・ディ・ボルドーネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android