ビザンティン皇帝(読み)びざんてぃんこうてい

世界大百科事典内のビザンティン皇帝の言及

【皇帝】より

…imperatorは中世では,ビザンティン帝国で皇帝を指すbasileus(後述)と等置された。カール大帝が800年のクリスマスにローマで帯びたimperator称号については,今日なお歴史家のあいだで解釈が定まらないものの,その結果,imperatorカール大帝と,basileus称号を帯びるビザンティン皇帝との間には,皇帝称号をめぐって,いわゆる中世における二皇帝問題が発生した(後述)。(2)caesarは本来ラテン語の家名でありながら,アウグストゥス以来皇帝を意味する称号となった。…

※「ビザンティン皇帝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報