ビスコー,J.(読み)びすこー

世界大百科事典内のビスコー,J.の言及

【エンダビー・ランド】より

…南極大陸の新南岩(しんなんいわ)(東経44゜30′)とウィリアム・スコーズビー湾William Scoresby Bay(東経59゜30′)間にあって北方へ突出した陸地(北端のアン岬Cape Annは南緯66゜10′)。1831年2月,イギリスのビスコーJohn Biscoeが発見し,船主のエンダビーの名をつけた。陸地には南方300km付近まで,標高約2000mの山塊が点在する。…

※「ビスコー,J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android