ビーコン・ヒル(読み)びーこんひる

世界大百科事典内のビーコン・ヒルの言及

【ボストン】より

… 旧市街地区には狭く曲がった道路やコモンCommonと呼ばれるかつて放牧に使われた共有地が公園として残っており,その周辺には植民地時代と独立革命期の史跡が点在する。市中央部のビーコン・ヒルBeacon Hillには,1795年建設の州庁舎に隣接して,19世紀の富裕な市民の居住地区が保存されている。これら伝統的な都市の景観と対照をなすのが,1950年代末以来の都市再開発によって生まれた超高層ビルや現代的感覚に富む建造物で,保険会社の資金導入で設立されたプルーデンシャル・センターやジョン・ハンコック・タワー,市庁舎やジョン・F.ケネディ連邦ビルを中心とするガバメント・センターに代表される。…

※「ビーコン・ヒル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android