ピスコ,A.(読み)ぴすこ

世界大百科事典内のピスコ,A.の言及

【コムネロスの反乱】より

…同年6月7日副王の代理人としての大司教とベルベオとの間で,反乱軍の解散を条件に巡察使の解任,新税の撤回,公職への植民地人の登用をうたったシパキラー協定が結ばれたが,副王はそれを拒否し,翌82年反乱軍は植民地政府軍により弾圧された。なお植民地独立運動の萌芽として重要なこの反乱が敗北した最大の原因は,白人商人層が最後までピスコAmbrosio Piscoを指導者とするインディオ大衆派と一線を画していた点にあろう。【清水 透】。…

※「ピスコ,A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android