ピッツバーグ・プライス制(読み)ぴっつばーぐらいすせい

世界大百科事典内のピッツバーグ・プライス制の言及

【USスチール[会社]】より

…市場と原料の独占が鉄鋼価格を政策的に管理する力をUSスチールに与えた。つまり,USスチールの拠点ピッツバーグにおける鋼材の工場渡し価格を基準価格とし,それに需要地までの運賃を加えた需要地渡し価格に他の鉄鋼会社も従ったのである(ピッツバーグ・プライス制と呼ばれた)。この価格制度のもとでUSスチールは高い利益率を得た時期もある。…

※「ピッツバーグ・プライス制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android