コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェザープレーン feather plane

デジタル大辞泉の解説

フェザー‐プレーン(feather plane)

胴体にバルサ材や軽量アルミパイプ、翼にマイクロフィルムなどを使った、重さ数十グラムの超軽量模型飛行機

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

フェザープレーン【feather plane】

室内で飛ばす超軽量の模型飛行機。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のフェザープレーンの言及

【模型】より

…また操縦方法により,手から放せばあとは飛ぶにまかせる自由飛行,ピアノ線をつないで操縦する円周飛行,ラジコンによる操縦がある。バルサ材,竹ひご,紙などを用いてつくるゴム動力飛行機は,簡単な構造で手軽に楽しむことができるが,その一種の室内機はきわめて軽量で,フェザープレーンなどと呼ばれ,滞空時間を競う。国際規格室内機は翼長65cm以内,ゴムなしの機体重量1g以上とされ,一般にマイクロフィルム(ラッカーとヒマシ油を混合し水面に流してつくる)を張る。…

※「フェザープレーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

フェザープレーンの関連キーワード胴体室内

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android