コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フグ毒 フグどく

百科事典マイペディアの解説

フグ毒【フグどく】

テトロドトキシン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フグ毒
ふぐどく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフグ毒の言及

【テトロドトキシン】より

フグ毒fugu poisonのこと。フグを食用に供する日本ではフグ毒による中毒死も多く,フグの美味とともにその恐ろしさが〈フグは食いたし命は惜しし〉ということわざにまでなっている。…

【フグ(河豚)】より

…また,フグは狭い場所では互いにかみあう性質が強いので,輸送時には口を縫い合わせたり,個別に缶に入れたりして,傷つけあうのを防いでいる。
[フグ毒]
 フグは数多い魚の中でも特別の珍味とされているが,ときにはこれを食べて中毒を起こし,死に至ることがある。この毒は田原良純により初めて卵巣から抽出され(1912),テトラドトキシン(現在はテトロドトキシンtetrodotoxin)と命名されたが,その後津田恭介によりC12H19O9N3なる分子式ときわめて特異な構造式が明らかにされた(1962)。…

※「フグ毒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フグ毒の関連キーワードスベスベマンジュウガニ日本科学史(年表)マンジュウガニ生理活性物質パリトキシンウッドワード津田 恭介キタマクラトリカブト田原 良純アオブダイ平田 義正仁田 勇トラフグ猪子吉人平田義正田原良純津田恭介仁田勇神経毒

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フグ毒の関連情報