コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブランコ党 ぶらんことう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブランコ党
ブランコとう

国民党[ウルグアイ]」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のブランコ党の言及

【ウルグアイ】より


[政治]
 20世紀のラテン・アメリカのなかで最も民主的で政治的にも安定した国家と見なされていたが,1973年に軍部の圧力のもとに議会が閉鎖されたことを機に,事実上の軍政へ移行した。85年まで続いたこの軍政は,労働運動を弾圧したほか,左派政党,さらには,コロラド党とブランコ党という19世紀以来の伝統的政党も厳しく取り締まり,その一方ではテクノクラートを登用して経済開発を図った。このように,国民の政治参加を厳しく抑制しながら,テクノクラートによる経済発展を志向した軍政は官僚主義的権威主義体制と呼ばれているが,この時期のウルグアイはその典型例といってよいだろう。…

※「ブランコ党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブランコ党の関連キーワードルイス・アルベルト・デ エレラバトリェ・イ・オルドニェスパラグアイ戦争ウルグアイエレラロペス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android