コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘリオガバルス へりおがばるす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘリオガバルス

エラガバルス」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘリオガバルス
へりおがばるす

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヘリオガバルスの言及

【エラガバルス】より

…しかし,放縦と奢侈に興じ政治を顧みなかったばかりか,ローマの伝統的宗教を無視してエメサの太陽神の崇拝石(隕石?)をローマ市に移し,帝国の最高神としてパラティヌス丘の神殿に祀ったことから,やがて軍隊と民衆の反感をかい,母とともに殺害された。太陽神にちなむあだ名のエラガバルスで呼ばれるのが通例であり,ヘリオガバルスHeliogabalusともいう。【本村 凌二】。…

※「ヘリオガバルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘリオガバルスの関連キーワードブソッティアルトー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android