コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホスホキナーゼ phosphokinase

大辞林 第三版の解説

ホスホキナーゼ【phosphokinase】

アデノシン三リン酸の末端のリン酸基を、水以外の化合物に転移させる反応を触媒する酵素。キナーゼ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ホスホキナーゼの関連キーワード遠位性ミオパチー(末梢性ミオパチー)クレアチンキナーゼアデノシン三リン酸筋ジストロフィーチアミン三リン酸チアミン一リン酸心筋梗塞(症)虚血性腸病変神経筋疾患チアミンCPK化合物末端

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android