コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホソジュズモ

1件 の用語解説(ホソジュズモの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

ホソジュズモ

からだは糸状で分枝は無く,細い円柱状の細胞(直径0.3〜0.5mm,高さ0.3〜0.7mm)が1列に連結して いる。個々の藻体は不規則ならせん状をしており,伸ばすと30〜70cmときに1m以上になる。同一あるいは複数の個体が絡み合って塊となり,塊の長さは 3mを越えることもある。有性生殖は確認されておらず,生殖細胞も観察されていない。千切れた藻体が栄養繁殖し,他の海藻にからみついて大きくなる。生体 は鮮やかな緑色〜黄緑色。押し葉標本は台紙によく付かない。種小名「crassa」は「厚い,太い,多肉質の」の意味。緑色の釣り糸が絡まった様子と見間違えそうになる。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のホソジュズモの言及

【ジュズモ(数珠藻)】より

…日本では10種以上の生育の記録があるが,詳しい分類学的研究がなく,したがって種の範囲が明確でないものが多い。代表種として,海産種には上記の2種のほかにホソジュズモC.crassa (Ag.) Kuetzingがあり,淡水産種にはミゾジュズモC.okamurai Uedaがある。【千原 光雄】。…

※「ホソジュズモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホソジュズモの関連キーワードイギス石毛絹頭巾鞘味泥牛の竹篦オニクサトサカノリヒジキマコンブクロモ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone