コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリオワクチン Poliovakzin

2件 の用語解説(ポリオワクチンの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ポリオワクチン【Poliovakzin】

ポリオウイルスを弱毒化したもので、経口投与して免疫力をつけ感染を予防するためのもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ポリオワクチン

ワクチンはウイルスを体内に入れ、人が持つ抵抗力を使ってそのウイルスに対する免疫をつくる。ポリオワクチンにはウイルスの毒性を弱めた「生ワクチン」と、毒性をなくした「不活化ワクチン」がある。春と秋に自治体が無料で生ワクチンの集団予防接種をしている。ただ、生ワクチンは世界保健機関(WHO)の調査で100万人に2~4人の割合でポリオに感染することがわかっている。一方、感染する恐れのない不活化ワクチンは日本では未承認。費用がかさむうえ、接種で副作用が出ても国から補償されない。

(2011-11-12 朝日新聞 朝刊 新潟全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界大百科事典内のポリオワクチンの言及

【ワクチン】より

…このうち,ジフテリア,百日咳の両ワクチンに破傷風トキソイドを加えた三種混合ワクチンが生後2年以後2期にわたり接種され,さらにジフテリア単独またはジフテリアと破傷風の二種混合ワクチンが12歳の年度に行われている。ポリオワクチンは生後3~48月の間に6週以上の間隔をあけて2回,麻疹ワクチンは生後12~72月の間に1回,風疹ワクチンは13~15歳の間に1回接種することになっている。またBCGは結核予防法により,ツベルクリン反応が陰性の者は定期接種を受けなければならないことになっている。…

※「ポリオワクチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポリオワクチンの関連情報