コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツタケ目 マツタケもくAgaricales

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マツタケ目
マツタケもく
Agaricales

ハラタケ目ともいう。担子菌類のうちいわゆる菌蕈 (きんじん。キノコ類のこと) を形成するものの分類学上の一群。子実層を形成する組織,グレバ glebaが裸出しているヒダナシタケ目と,胞子が完熟するまで何層かの外皮に包まれている腹菌目とに対し,子実層を形成する組織が初めはキノコの組織の内部に生じるが,のちにひだや管孔の形となって空気に触れる状態になるものを一括してこの目としたものである。しかし菌蕈の発生について詳細に研究が進められるにつれ,例外的なものや中間的なものが発見され,いまだ分類学的な論議が残されている。マツタケ,シイタケ,ハラタケ,シメジ,テングタケハツタケヒトヨタケスエヒロタケなどはすべてこの目に属している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マツタケ目の関連キーワードウラベニホテイシメジ(裏紅布袋占地)シロタマゴテングタケ(白卵天狗茸)アイゾメシバフタケ(藍染芝生茸)ヤケアトツムタケ(焼跡紡錘茸)クサウラベニタケ(臭裏紅茸)シロオオハラタケ(白大原茸)イヌセンボンタケ(犬千本茸)タマゴテングタケ(卵天狗茸)キナメツムタケ(黄滑紡錘茸)ハエトリシメジ(蠅取占地)イッポンシメジ(一本占地)ヌメリササタケ(滑笹茸)サイギョウガサ(西行笠)カワリハツタケ(変初茸)サクラシメジ(桜占地)スギヒラタケ(杉平茸)アカハツタケ(赤初茸)ショウゲンジ(正源寺)ハダイロガサ(肌色傘)ドクツルタケ(毒鶴茸)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android