マリサット(読み)まりさっと

世界大百科事典内のマリサットの言及

【航行衛星】より


[海事衛星]
 航行衛星のように位置決定のみを援助するのではなく,船と陸上局の間で種々の情報を伝達することを目的とした衛星に海事衛星maritime satelliteがある。最初の海事衛星は,1976年アメリカ海軍と民間共用として大西洋上に打ち上げられたマリサット1号である。現在,海事衛星のための国際機関であるインマルサットが海事衛星システムの運用を行っている。…

※「マリサット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android