マルチタスキング

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マルチタスキング

複数のプログラムを同時に実行させること。基本的にCPUは1回に1つの命令しか実行できないので、厳密には複数のプログラムが同時実行されるわけではないが、複数プログラムの処理を高速に切り替えて実行することで、あたかも同時に動いているように見せることができる。マルチタスク環境下の1つのプログラムは「プロセス」として管理されることが多いので、マルチプロセッシングと呼ばれることもある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内のマルチタスキングの言及

【オペレーティングシステム】より

…同時に複数のプログラム(プロセスと呼ぶ)を走らせ,CPUが可能なかぎりどれかのプロセスを走らせているようにするのである。これをマルチタスキングと呼ぶ。ユーザーから,マルチタスキングが最もわかりやすい形で見えるのは,タイムシェアリングシステムである。…

※「マルチタスキング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android