コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチタッチ・インターフェース まるちたっちいんたーふぇーす

知恵蔵の解説

マルチタッチ・インターフェース

指やペンなどで画面を触って利用する「タッチインターフェース」の一種。一般的なタッチインターフェースは、画面に触れるもののうち「1点」のみを認識して動作するが、「マルチタッチ」の場合には、2点以上を感知する。その結果、より操作に自由度が増し、わかりやすく便利な操作が実現できる。
概念・技術そのものは古くから存在していたが、2007年6月にアップルがは発表した携帯電話「iPhone」に採用されたことから、一気に注目度が高まった。二本の指を使い、指の間隔を広げることで「拡大」を行う、といった、直感的な操作方法が人気となった。
その後、同社はノートパソコンのタッチパッドに採用したことから、パソコン用にも広がり始めている。マイクロソフトも、09年末から10年初頭に発売を予定している次期パソコン用主力OS「Windows 7(開発コード名)」にて、標準サポートが行われる。

(西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

マルチタッチ・インターフェースの関連キーワードマルチタッチUI

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android