コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マレーシア語 マレーシアご

大辞林 第三版の解説

マレーシアご【マレーシア語】

マレーシアの公用語としてのムラユ語に与えられた呼称。 → ムラユ語

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のマレーシア語の言及

【インドネシア語】より

…したがって,言語学的にはマレー語の一方言である。マレーシアでは国語としてのマレー語をマレーシア語と呼ぶ。マレー語はマラッカ海峡沿岸,リアウ諸島,リンガ諸島などに土着的に分布していたが,その分布域が海上交通の要衝を占めていたため,古くからそこに往来する人々の交易語として利用され,ヨーロッパ人が初めて渡来した16世紀初頭にはインドネシアの諸港とその後背地に交易語として広まっていた。…

【マレー語】より

…マライ語ともいう。現在,公用語として用いられるマレーシア連邦ではマレーシア語,インドネシア共和国ではインドネシア語Bahasa Indonesiaと呼ばれる。ただし広義では,インドネシア語派の諸言語を総称してマレー語と呼ぶこともある。…

【マレーシア】より

…正式名称=マレーシアMalaysia面積=32万9758km2人口(1996)=2036万人首都=クアラ・ルンプルKuala Lumpur(日本との時差=-1時間)主要言語=マレーシア語(マレー語),中国語,英語,タミル語通貨=リンギRinggit東南アジア,マレー半島南部を占める半島マレーシア(西マレーシア)とボルネオ島北部の島嶼マレーシア(東マレーシア)からなる立憲君主国。イギリス連邦の一員。…

※「マレーシア語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マレーシア語の関連キーワードインドネシア語マレーシアムラユ語マレー語ラダン

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android