コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミシマバイカモ

1件 の用語解説(ミシマバイカモの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ミシマバイカモ

県のレッドリスト絶滅危惧2類。三島市の楽寿園内の小浜池で1930年に発見。梅に似た花をつけることから名前がついた。かつては市内の川で普通に見られたが、60年代の湧き水減少と河川の水質悪化により姿を消した。現在は、柿田川から移植し増やしたものを「三島梅花藻の里」や源兵衛川の一部で見ることができる。

(2014-09-22 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミシマバイカモの言及

【バイカモ(梅花藻)】より

…北海道と本州に分布する。イチョウバイカモvar.nipponicus,オオイチョウバイカモvar.major Hara,ミシマバイカモvar.japonicus (Nakai) Haraは扇状の浮葉を生じる。 バイカモの仲間はキンポウゲ属のバイカモ亜属とされたり,また,独立させてバイカモ属Batrachiumとされることもある。…

※「ミシマバイカモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミシマバイカモの関連キーワードコアジサシVU絶滅危惧種レッドリスト軽度懸念準絶滅危惧絶滅危機絶滅危惧絶滅寸前レッドリストと絶滅種

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミシマバイカモの関連情報