コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニ野菜 ミニヤサイ

2件 の用語解説(ミニ野菜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ミニ‐やさい【ミニ野菜】

品種改良によってつくられた小型の野菜。ミニトマトなど。また、成長する前に収穫したものを指すこともある。→ベビー野菜

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ミニ野菜

通常より小さいサイズで成熟する品種の野菜。種苗会社各社がニンジンブロッコリーカボチャなどミニ野菜の種を売り出している。熊谷市は昨年冬、「ミニくま」を使った料理教室を開くなどして普及を進めている。

(2008-03-11 朝日新聞 朝刊 埼玉全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミニ野菜の関連キーワード気が小さい京野菜五菜体菜団地サイズS判奥手地野菜夏野菜早稲

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミニ野菜の関連情報