コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガマウス めがまうすMegamouth Shark

知恵蔵miniの解説

メガマウス

ネズミザメ目メガマウス科に属するサメ。巨大な口が名前の由来で、口を最大限に開いてプランクトンを取り込み、餌としている。太平洋インド洋など、水深100~200メートルほどの深海に生息しているとされるが、生態は解明されていない。成魚体長は5メートル程度で、体長の4分の1ほどを占める大きな頭部と細かな歯先、短い背びれを持つ。1976年11月15日、ハワイのオアフ島沖で捕獲されたものが初めて発見された個体であり、以来、2014年4月14日現在、記録に残っているものでは、世界で57体しか捕獲されていない。日本では13体捕獲されており、03年8月に静岡県沖で捕獲された個体は剥製にされた。生体の飼育・展示は世界中でまだ一度もない。

(2014-4-17)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メガマウス

メガマウスザメ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メガマウス
めがまうす
mega-mouth shark
[学]Megachasma pelagios

軟骨魚綱サメ目メガマウスザメ科に属する海水魚。ハワイ諸島近海およびカリフォルニア沖からだけに知られているきわめて珍しいサメで、1985年までに2個体しか知られていない。最初の個体は1976年冬に、ハワイ諸島のオアフ島沖合いにおいて、アメリカの調査船のシーアンカーに偶然絡まったもので、捕獲された直後から奇怪な形と4.5メートルという体長からメガマウス(巨大な口の意)の名で話題になった。
 このサメは、大きな口が体の前端に開いており、この口は大いに前方に突出可能である。両顎(りょうがく)にはきわめて小さい歯が密生し、口腔(こうこう)内は銀色に輝いていたという。骨格系はあまり強くなく、遊泳力は弱いと考えられている。餌(えさ)はオキアミなどである。学会に報告され、学名が与えられたのが1983年、翌年にカリフォルニアで4.5メートルの個体が捕獲されたが、大形で特異な形態のサメが、いままでに知られずにいたのは不思議である。[仲谷一宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

メガマウスの関連キーワード板鰓類

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メガマウスの関連情報