コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メネフネ養魚池 メネフネようぎょいけ

1件 の用語解説(メネフネ養魚池の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

メネフネようぎょいけ【メネフネ養魚池】

アメリカのハワイ州カウアイ島、島の東南部、ナウィリウィリにある池。厚さ1.2m、高さ1.5mの岩の壁は、約1000年前にメネフネ(先住民)がひと晩で造ったと言い伝えられる。彼らは遠く離れたカラヘオの地から堅い溶岩を運びこむため、何千人ものメネフネがその間に並び、次々と手渡しをして池を造ったという。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メネフネ養魚池の関連キーワードハワイアン音楽ハワイ諸島カウアイマラソンコナマラソンビッグアイランド国際マラソンメリーモナークフェスティバルカウアイ[島]ハワイ[州]ハワイ[諸島]ハワイ火山国立公園

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone