コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メルン Mölln

デジタル大辞泉の解説

メルン(Mölln)

ドイツ北部、シュレースウィヒ‐ホルシュタイン州、ラウエンブルク湖自然公園の中にある町。観光保養地。伝説上の人物ティル=オイレンシュピーゲルゆかりの地として知られ、彫像や博物館などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

メルンの関連キーワードシュトラールズント及びヴィスマルの歴史地区メクレンブルクフォアポンメルン州ハーメルンの笛吹き男〈野外劇〉エーリック[ポンメルン]ペーター クレッチマータッデン=トリーグラフノイブランデンブルクハーメルンの笛吹き男ノイシュトレーリッツシュトラールズントポメラニアン[種]ヨハネス ヴィッテロートベルトゥスシュトラルズントリューゲン[島]ブーゲンハーゲングライフスワルトネズミ捕り男の家ハイリゲンダムシュウェーリン

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android