コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メントール法 メントールほう mentor method

1件 の用語解説(メントール法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メントール法
メントールほう
mentor method

農法の1つ。ソ連の I.ミチューリン (1855~1935) が創始した接木 (つぎき) による品種改良の方法。雑種が栄養の変化でつくられるという考えに基づくもので,栄養交雑ともいう。ある性質を取入れようとするきには,その特性をもつ植物は年をとっていることが必要で,その枝を接穂にする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のメントール法の言及

【栄養雑種】より

…ナス科植物以外でも,果樹・野菜・花卉について古くからアメリカやソ連などが接木雑種をつくる努力をしてきた。台木に発育の進んだ植物(メントール――指導者の意味――という)を用い,これに若い接穂を接木するメントール法mentor methodが効果的といわれている。こうして実際につくられた栄養雑種の中にはキメラも含まれていると思われる。…

※「メントール法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メントール法の関連キーワードチューリヒ湖ミチューリンミチューリン農法ヤロビ農法チューリッヒチューリーちゅーりーチューリンガーチューリン,I.ミチューリン運動

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone