コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モカコーヒー モカコーヒーmocha

翻訳|mocha

とっさの日本語便利帳の解説

モカコーヒー

モカ(Mocha)▼イエメン南西部、紅海に臨む港町。現在は小漁村にすぎないが、一六~一七世紀には付近がコーヒー豆の産地だったので、積み出し港として繁栄した。しかし一九世紀中頃からは、ホデイダ(Hodeida)がモカをしのぐコーヒー豆輸出港となったために、次第に衰退。「モカコーヒー」はモカから積み出されたコーヒーの意味で、上等のアラビア産のコーヒーとして知られるようになる。一七七三年の文献に「コーヒーは最良のモッコのものであるべきだ」とある。モッコとはモカのこと。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典内のモカコーヒーの言及

【コーヒー】より

…インドではマラバル海岸沿いの山地から産出されるマイソールが良品である。アラビア産のコーヒーはかつてはイエメンのモカ港から積み出されたため,モカコーヒーの名がある。モカの中でマタリと呼ばれるものは優雅な芳香と酸味で高い評価を得ている。…

※「モカコーヒー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

モカコーヒーの関連キーワードモカ苔瑪瑙ムハールーズベルト石

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android