モナリザ症候群(読み)もなりざしょうこうぐん(英語表記)MONALISA

知恵蔵miniの解説

モナリザ症候群

交感神経の活動低下を原因とする肥満。生活リズムの乱れなどが原因で交感神経の働きが鈍り、代謝が悪くなることで、カロリー過多でなくても太りやすい状態になることを指す。1991年に米国の肥満研究者ジョージ・ブレイが提唱した説で、名称は「Most obesity known are low in sympathetic activity.(ほとんどの肥満は交感神経の働きの低下によるものである)」という文章の単語の頭音に由来している。

(2016-1-25)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android