コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モネラ monera

大辞林 第三版の解説

モネラ【Monera】

生物の分類上の一群。独立して自己増殖できない生命単位。ウイロイド・ウイルス・バクテリオファージなどを含む。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のモネラの言及

【ヘッケル】より

…この点で経験的実証科学者よりもむしろJ.B.deラマルク,F.W.シェリングに近い。生物の自然発生を初原物質としてモネラmoneraを想定し,また個体発生と系統発生を重ね合わせた生物発生原則を提起した。さらに意識を細胞に帰属させることによって一元論が完成された。…

※「モネラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モネラの関連キーワードサルモネラエンテリティデスサルモネラ食中毒サルモネラ腸炎人畜共通伝染病通性嫌気性細菌レーダーバーグ馬パラチフスエイムス試験ゲルトナー菌旅行者下痢症サルモネラ菌ゲルトネル菌パラチフス菌サルモネラ症サルモネラ属細菌性食中毒腸チフス菌鼠チフス菌ウイロイドパラチフス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android