コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨーロッパ評議会 ヨーロッパヒョウギカイ

1件 の用語解説(ヨーロッパ評議会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヨーロッパ‐ひょうぎかい〔‐ヒヤウギクワイ〕【ヨーロッパ評議会】

シー‐イー(CE)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヨーロッパ評議会の言及

【国際統合】より


[国際統合の構想]
 国際統合の構想は,17世紀半ばのヨーロッパにおいてウェストファリア体制あるいは国民国家体系nation‐state systemと呼ばれる近代国際体系が成立した直後から,多くの思想家によって表明されてきた。17世紀末のデュク・ド・スリーDuc de Sullyによる〈ヨーロッパ評議会〉の〈大構想〉や,18世紀初めにアベ・ド・サン・ピエールAbbé de Saint‐Pierreが明らかにした〈ヨーロッパ元老院〉の構想等がそれである。これらの国際統合構想はさまざまな内容を含んでいるものの,いずれも国民国家体系のかかえる矛盾を平和的に克服するための解決策として提出されたものといえるだろう。…

※「ヨーロッパ評議会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone