コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラカポシ[山] ラカポシ

2件 の用語解説(ラカポシ[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ラカポシ[山]【ラカポシ】

カシミール北西部(パキスタン領),ギルギット北方に位置するカラコラム山脈西端の高峰。標高7788m。1958年英・パキスタン隊が初登頂。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ラカポシ[山]【Rakaposhi】

パキスタン北部,カラコルム山脈西部にあるラカポシ山脈の主峰。標高7788m。西北西から東南東に走る同山脈の西端に近く,ギルギット川支流のフンザ川東岸にそびえる。すでに1892年のM.コンウェーをはじめカラコルムの先駆的探検家たちに注目されていた。本格的な登山は1938年に北西稜を登路として行われたが,約6000mに達したに過ぎなかった。登攀は47年,54年,56年と南西側から試みられ,ついに58年6月イギリス・パキスタン合同登山隊が初登頂に成功した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のラカポシ[山]の言及

【ギルギット】より

…1978年開通のカラコルム・ハイウェーもこのルートを走る。近くにラカポシ山(7788m)があり,カラコルム登山の根拠地となっている。英領時代には旧カシミール藩王国からイギリスが租借し,ギルギット管区として北辺の軍事的拠点とした。…

※「ラカポシ[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラカポシ[山]の関連キーワードカシミールカラコルム山脈K2パキスタンバスク東パキスタンカラコルムサルトロカンリバルチスタンカラコルム・ハイウエー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone