高峰(読み)こうほう

精選版 日本国語大辞典「高峰」の解説

こう‐ほう カウ‥【高峰】

〘名〙
① 高くそそり立つ峰。高いみね。たかね。〔異制庭訓往来(14C中)〕〔陶弘景‐与謝中書書〕
一群の中で特にきわだってすぐれているものをいう。
※敗北の文学(1929)〈宮本顕治〉一「氏こそ、ブルジョア文芸史に類稀な内面的苦悶の紅血を滲ませた悲劇的な高峰であると」

たか‐みね【高峰】

〘名〙 高くそそりたつ峰。こうほう。また、高い山のいただき。たかね。
※春のみやまぢ(1280)一一月二五日「高みねにて見廻せば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「高峰」の解説

こう‐ほう〔カウ‐〕【高峰】

高くそびえている峰。ある一群の中でひときわすぐれているものの意にも用いる。「カラコルム高峰」「学界の高峰
[類語]高嶺峻嶺奇峰山岳高山小山山山山並み連山連峰山脈山塊山系山地・山岳地帯・名山秀峰最高峰大山巨峰主峰霊山霊峰峻峭峻険険阻険峻急峻険しい険難要害天険険要険所峻抜峻岳峻峰

たかみね【高峰】

姓氏の一。
[補説]「高峰」姓の人物
高峰譲吉たかみねじょうきち
高峰秀子たかみねひでこ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android