コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラスター彩陶器

1件 の用語解説(ラスター彩陶器の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ラスター彩陶器

白地に金色の彩画を施したペルシャ陶器。銀と銅の配合によって赤から金色まで色調が変化し、焼成後は金属のような光沢を放つ。かつて中東有数の陶磁器生産地だったイランで、9~12、13世紀に制作された。8世紀に金銀器の製造・使用が禁じられたため、陶器で金属感を出そうとして作られたとされる。その後衰退、技法も消滅して「幻の古陶」と言われていた。

(2008-05-26 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラスター彩陶器の言及

【イスラム美術】より

…このほかに,褐,黄,緑,紫色を用いた,〈三彩手〉と呼ばれる多彩釉刻線文陶器が焼かれている。8世紀の後半に創始されたラスター彩陶器は,後にエジプトに伝えられて発展を遂げた。ホラーサーン地方(ニーシャープール)とアフラシアブ地方(サマルカンド)で9世紀から10世紀にかけて,スリップ(化粧土)によって絵付けをした彩画陶器が流行した。…

※「ラスター彩陶器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラスター彩陶器の関連キーワード漆絵ペルシア戦争粟田焼淡彩画ハルシャ革黄白地グッタペルカの木皇后旗ハルシャペルシア革

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラスター彩陶器の関連情報