コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランダムアクセスファイル らんだむあくせすふぁいる

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ランダムアクセスファイル

目的のレコードに、直接アクセスできるファイル形式。指定したキーでレコードを検索し、目的のレコードにアクセスする。レコードにアクセスするまで時間は、どのレコードでも変わらない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内のランダムアクセスファイルの言及

【ファイルシステム】より


[ファイル構造]
 ファイルを格納するための記憶装置には,テープ装置のように最初から順番にデータを利用することしかできない装置や,ディスク装置のようにいつでも同じ早さでどの部分のデータも利用できる装置がある。同じようにファイルの構造にも,先頭から順番にしかデータを利用できないシーケンシャルアクセスファイルや,どの部分のデータも利用できるランダムアクセスファイルなどがある。ファイルがどのような物理媒体に格納されるか,またファイルがどのように利用されるかによって,ふさわしいファイルの作り方が決定される。…

※「ランダムアクセスファイル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報