コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・ヴァルス

デジタル大辞泉プラスの解説

ラ・ヴァルス

フランスの作曲家モーリス・ラヴェルの管弦楽曲(1919-20)。原題《La valse》。題名はワルツを意味し、ヨハン・シュトラウス2世のウィンナワルツを礼賛して作曲された。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

ラ・ヴァルスの関連キーワードアレクサンドル ギンディン

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラ・ヴァルスの関連情報