コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・ヴァルス

1件 の用語解説(ラ・ヴァルスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ラ・ヴァルス

フランスの作曲家モーリスラヴェル管弦楽曲(1919-20)。原題《La valse》。題名はワルツを意味し、ヨハン・シュトラウス2世のウィンナワルツを礼賛して作曲された。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラ・ヴァルスの関連キーワード夜のガスパールクープランの墓高雅で感傷的なワルツスペイン狂詩曲スペインの時道化師の朝の歌亡き王女のためのパヴァーヌマ・メール・ロワ水の戯れ優雅で感傷的なワルツ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラ・ヴァルスの関連情報