リカーシブ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リカーシブ

再帰的という意味。プログラミング言語において、あるサブルーチン処理中に自分自身を呼び出す処理のこと。この方法を利用した関数を再帰的関数という。言語によって、できるものとできないものがある。複雑な処理も再帰呼び出しによって簡単に解決できる利点を持つが、処理の終了条件を明確にしておかないと、無限ループやメモリー不足によるトラブルを引き起こす危険性がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

リカーシブ【recursive】

関数の定義の一部で、その関数自身が用いられるもの。
コンピューターで、ある作業中に、さらに同じ作業を呼び出して処理すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のリカーシブの言及

【数学基礎論】より

…これはきわめて妥当なものと認められ,帰納的関数の理論は決定問題の解決に数学的根拠を与えることとなった。自然数の集合や自然数に関する命題P(x1,……,xn)がリカーシブrecursiveであるとは,その特性関数あるいは表現関数が帰納的関数となるときをいう。体系Sにおいて対象a1,……,anに関する命題P(a1,……,an)が与えられているとき,SにおけるPの決定問題とは,Sにおいて命題Pの対象となりうる任意のa1,……,anに対し,P(a1,……,an)が成り立つかどうかを有限回の操作で判定する一様な手順を求めることである。…

※「リカーシブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android