コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リテールバンキング りてーるばんきんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リテールバンキング

個人や中小企業を対象とした小口金融業務のこと。地域密着型のきめ細かい金融サービスを提供する第二地銀、信用金庫、信用組合などのサービスがこれにあたる。これに対し、大企業を相手にした大口金融業務をホールセールバンキングと言う。これまでは第二地銀、信金、信組などはリテールバンキング、大手銀行(都銀など)はホールセールバンキングといった具合に住み分けがなされてきたが、最近は大手銀行が消費者金融など提携するケースが増えており、リテールバンキングにも力を入れつつある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

リテールバンキングの関連キーワードJPモルガン・チェース・アンド・カンパニーナショナル・ウェストミンスター銀行ビー・エヌ・ピー・パリバホールセール・バンキングリテール・バンキングバークレイズ銀行東京金融市場カシコン銀行

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android