レコーディングフィルム(読み)れこおていんくふいるむ,れこーでぃんぐふぃるむ

カメラマン写真用語辞典「レコーディングフィルム」の解説

レコーディングフィルム

 科学測定用の超高感度フィルムで、コダック2475、同2485レコーディングフィルムなどがあった。モノクロで、現像によってISO1,000~10,000の実効感度を得ることができた。アグフアにもイゾパンレコードというレコーディングフィルムが存在した。しかし、現在ではデジタル映像に置き換わっていて、この種のフィルムは製造されていない。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「レコーディングフィルム」の解説

レコーディング‐フィルム(recording film)

科学測定や実験などに用いられた特殊撮影用の超高感度フィルム。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android