コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レブンアツモリソウ

2件 の用語解説(レブンアツモリソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

レブンアツモリソウ

アツモリソウ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

レブンアツモリソウ

本州から北海道にかけて分布するアツモリソウ(ラン科)の変種。花がアツモリソウは赤紫色だが、クリーム色なのが特徴。自然状態での発芽には、種子に栄養素を供給する共生菌が地中にいることが欠かせない。開花しても蜜はない。マルハナバチなどが、開花時期が同じで蜜のあるネムロシオガマやハクサンチドリなどと間違って受粉するとされる。

(2012-06-25 朝日新聞 朝刊 1道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レブンアツモリソウの関連キーワードアカシジミ秋田蕗溝貝紫海胆熱盛蕎麦拘耆羅檜翌檜細海布昆布

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レブンアツモリソウの関連情報