コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイヤタッピング wiretapping

翻訳|wiretapping

大辞林 第三版の解説

ワイヤタッピング【wiretapping】

電話などの盗聴。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のワイヤタッピングの言及

【盗聴】より

…通信・会話傍受ともいう。このうち電話線から機械的方法で通話を傍聴することを〈ワイヤタッピングwiretapping〉と呼ぶ。室外に聞こえてくる会話をひそかに立ち聞きし,あるいは,機械装置により会話を傍受して録音する(エレクトロニック・サーベイランスelectronic surveillanceまたはバッギングbugging)場合のほか,会話の一方当事者が相手方に無断で会話を録音し,または一方当事者の同意を得て第三者が会話を聴取・録音する場合なども,広い意味では盗聴に含めることができる。…

※「ワイヤタッピング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報